お知らせ

投稿日:

LB 52

お疲れ様です。

今回の工事でハードックス450と言う海外製の硬い板を使用しています。

溶接材料ですが、LB52、TG-50、SF-1との指定がありました。

私の認識ですが、LB52が1番信用出来ると思うのですが、強度的には同等との事で、やはりアーク、ティグ、半自動ではハードックスに関しては一緒だとの事でした。

個人的にはLB47が使いやすい感じはありますが、基本的にはその類の強度の研究には携わってませんので、どれくらいの違いがあるのかは調べなくてははっきり分かりませんね。

数字が上がるほど強度は上がるのでしょう。

しかし、ティグと半自動も溶接電流も棒やワイヤーも違うので、同等と言われても何が正しいのやら悩ましい次第でございます。

やはり棒の乾燥状態や母材の手入れでも溶接は大分変わると思われるので、ハッキリと本やネットでわかりやすく説明してくれる物があれば良いのになって思いました。

石油プラントの工事などはWPSなど完全に指定溶接材料が明確になっておりますが、製鉄所や処理場その他多数の工場などは長年の経験則で選んでる事も多数あるようです。

とは言えお客様がこれまでの長年の実績とデータを元に正しい答えをくれ、その指定材料で行うと上手く行くわけで、こちらがどうこう言う事ではない事は分かりつつ、調べてわかる事は全て調べようと謎の探究心を約20年以上持った挙句、調べて分かった事の98%は意味無かったし、残りの2%も全く役に立ってない、ん?100%意味なし?北嶋でした。

株式会社北嶋工業
〒290-0008 千葉県市原市古市場359-6
TEL:043-310-4603 FAX:043-310-4643

お知らせ

関連記事

倉庫完成しそう。

倉庫完成しそう。

お疲れ様です。 最近順調に工事が進み倉庫がやっと完成に近づいてきました。 現場作業に出ている私は中々 …

クルードラゴン

クルードラゴン

お疲れ様です。 今日イーロンマスク率いるクルードラゴンと言う宇宙飛行船が我が国日本から野口さんを乗せ …

加工出来ます!

加工出来ます!

お疲れ様です。 私共北嶋工業で加工管や鉄骨等製作も請負事になりました。 ホームページを見て下さった方 …

お問い合わせ  採用情報